2-1-2 特定技能外国人受入れ制度詳細説明・手続 2019年3月20日付

2019年3月21日 オフ 投稿者: wpmaster

2019年4月から始まる特定技能という新しい在留資格に関する受入れに関する手制度・手続詳細が法務省サイトで公表されました(2019年3月20日付) 。

今回公表されたのは「特定技能外国人受入れに関する運用要領」で、「法令の解釈や運用上の留意点を明らかにする」ものとなります。

1.「特定技能外国人受入れに関する運用要領」

(1)なぜ、特定技能の在留資格が創設されたのか、その狙い(目的)

(2)その特定技能制度説明。基本方針 分野別運用方針 分野別運用要領

(3)受入分野、手続、受入後に受入機関が行うべき手続

(4)特定技能で受け入れる機関の基準 受入契約の内容 その相手方

(5)受け入れる特定技能外国人に対する支援計画:別冊として「1号特定技能外国人支援に関する運用要領」があわせて公表されています(概要は以下)

(6)受け入れる機関の届出義務・内容 受入を支援する機関との関係

(7)報告徴収 改善命令など

(8)登録支援機関

(9)罰則

2. 「特定技能外国人受入れに関する運用要領」 別冊「1号特定技能外国人支援に関する運用要領」-1号特定技能外国人支援計画の基準について

第1 1号特定技能外国人支援計画の基準等

第2 1号特定技能外国人支援計画の内容等

全体で25ページの詳細は外国人支援の内容が規定されています。

法務省サイトでの全文の確認が必要です。

Follow me!