外国人が日本の中小企業で活躍できるようにするため

2019年6月27日 オフ 投稿者: wpmaster

日本が外国人にもっと活躍してもらいたいと考え、その支援を本格的に始めています。特定技能や技能実習などと区別して、「高度外国人材」として、日本でもっと働いてもらえる機会を増やすというのが国や自治体の政策です。

ちなみに「高度外国人材」とは、「高度専門職」+「技術・人文知識・国際業務」などの「専門的・技術的分野の在留資格」で就業する外国人をさします。留学生もここに入ります。高度専門職は高度外国人材の一つ、だとわかっていないと今進められている高度外国人材の活躍の話が見えなくなります。

その高度外国人材の活躍を促す取り組みをいくつか紹介します。

1.経済産業省がJETROで進めている「高度外国人材活躍推進プラットフォーム」。2018年12月スタート。

 このサイトは、外国人を雇いたい企業、日本の企業で働きたい外国人のマッチングをはかるサービスです。政府の情報も提供しています。

 このサービスは、リアルでの相談サービスとして「高度外国人材活躍推進コーディネーター」をいくつかのJETRO拠点に置いて、外国人を雇いたい企業へのサポートを行っています。このサポートに「伴走型」支援、つまり、その企業の中に入って、支援することも始めています。ただ、どうしても伴走型だとマンパワーの制限があるために、希望企業から審査することになります。

 さらに2019年5月には、「高度外国人材活躍企業50社」として経済産業省から外国人材が活躍している企業50社のケースを紹介する本も出ました。ビジネスの海外展開・新規ユーザーの獲得、外国人の目線での商品開発・サービス提供、新しいビジネスモデルを作る、社員の意識変革の4つの目線で整理し、紹介するものです。

2.東京都も外国人材の雇用を企業にすすめながら、留学生にも就職のチャンスの拡大に努めています。

たとえば、事業者(企業)向けに専門家を派遣したり、採用セミナーなどを開催しています。

(1)専門家派遣事業

   外国人材の採用・定着等に取り組もうとする観光関連事業者へ、専門家による助言を行います。

(2)観光産業外国人材採用セミナー

   外国人材の採用に向けたセミナーを実施します。

(3)観光産業外国人材活用セミナー

   外国人材の定着に向けたセミナーを実施します。

(4)外国人材採用・活用ハンドブックの制作

   「観光関連事業者のための高度外国人材採用・活用ハンドブック」公開。

外国人留学生等向け

(1)観光産業外国人材活躍支援セミナー

   日本の雇用慣習、ビジネス日本語等を伝える集合型研修を実施します。

(2)観光産業魅力発信パンフレット(東京の観光業界で働こう!)の制作

   就職先としての観光産業の魅力を発信するパンフレットを制作します。

事業者と留学生の交流

(1)職場見学会   観光関連事業者を訪問し実際の現場を見ることで、観光産業の魅力を発信。

(2)合同企業説明会  観光関連事業者と外国人材との接点をつくる合同企業説明会。

なるほど、先日から始まった日本の大学、大学院を卒業して日本語ができる留学生に新しい就職の途をひらいた特定活動ビザもこうした動きと同じです。つまり、お土産物屋さんやタクシードライバーで働く現場での労働+外国人向けの通訳、これにそのお店などの商品サービスの企画・マーケティングを期待しています。

農林水産省。日本の農業の国際化を目指しています。これには日本料理がからんできます。日本料理、別なページでご紹介しましたが、専修学校で料理、お菓子作りした外国人留学生に海外の日本料理屋や、製菓店で働くこともできるような制度の見直しが進められます。

Follow me!