在留資格認定証明

在留資格認定証明

在留資格認定証明書

日本の法務大臣が、外国人が申請してきた日本での在留申請について、在留条件を満たしているかどうかをあらかじめ審査し,条件を満たしている場合、それを証明するものです(Certificate of Eligibility:COEといいます。有効期限があり、発行日から3カ月間です。)

日本に住んでいる外国人・日本の会社・団体などが、海外にいる呼びたい外国人の代理人となって、このCOEを日本の入管に申請し、発行されたCOEを海外にいる外国人に送付します。

その外国人が日本の大使館・領事館にCOEを添えて、日本入国査証を申請します。
問題がなければ、短期間で入国査証が発行されますから、日本に入国、在留ビザを入手します。

当事務所では、事前の面談相談を行って、お見積りをします。

  1. 入管への申請を代行(申請取次) 10万円~(消費税、実費別途)(再申請無料)
  2. 入管提出書類の作成と必要書類チェック (申請手続きはお客さまご自身で行って頂きます)
    ・申請書に添付する申請理由書の作成のみ  3万円(税別)
    ・申請手続全体の書類内容のチェックと修正、提出書類のチェック 3万円(税別)

※上記いずれの場合でも、申請不許可の場合、再申請を支援します。
※申請内容に書かれたことで、虚偽、隠された事実があれば、再支援をお断りすることがあります。
※事実は、必ず、すべてお話ください(秘密は厳守します)。