国際結婚・配偶者ビザ

国際結婚・配偶者ビザ

国際結婚したあと、日本で夫婦として暮らすには「日本人の配偶者等」という在留ビザ(ここでは配偶者ビザとします)を入管に申請しなければなりません。

配偶者ビザは、外国人配偶者が外国にいるか、日本にいるかで申請手続が異なります。
いずれにしても、お二人の交際の始まりから結婚に至るまでの状況などが審査されます。

(1)外国人配偶者が海外にいるケース

海外にいる配偶者を呼びよせることになるので、「在留資格認定証明書交付申請」を行って、証明書を得たら、その証明書を海外の配偶者に送り、日本の大使館・領事館で入国査証を申請し、日本に入国し、配偶者ビザを取得することになります。

外国人配偶者が日本にノービザ(入国査証不要)で入ってこれる場合 

入国後、すぐに入管で「在留資格認定証明書交付申請」を行い、証明書を得たら、在留ビザ(短期滞在)から「日本人の配偶者等」への変更申請を行う

なお、上記の在留資格認定証明書の申請を行うことなく、短期滞在を日本人の配偶者等に変更を申請するには、「やむを得ない特別の事情」を入管に認めてもらう必要があります。
やむを得ない事情がなければ申請は却下され、上記の在留資格認定証明書の申請を行うことになります。

相手外国人が日本入国査証が必要な場合

この場合、日本の大使館・領事館に日本入国査証を申請する必要がありますから、事前に日本で「在留資格認定証明書」の申請を行い、その証明書をもって、申請するのが早道です。
よって、在留資格認定証明書の申請を日本で行うことになります。
日本に住む親族に手続を依頼するなどの手続になります。

(2)お二人とも日本に住んでいるケース

外国人配偶者がお持ちの在留ビザを「日本人の配偶者等」という在留ビザへの変更申請を入管に提出することになります。