再入国許可申請

再入国許可申請

皆さんお持ちの在留資格(在留ビザ)は、残り有効期間が何年でも、一度日本の国外に出たら、無効になります。
無効になると、再度の日本入国を希望する場合には、改めて在留ビザの取り直しなどが必要です。
これでは、大変な手間が生じるので、「再入国許可」制度が設けられています。

外国人の皆さんが一時的に日本を出国し、再び日本に入国しようとする場合に、再入国許可(みなし再入国許可を含みます)を受けていれば、再入国時に通常必要とされる査証が免除され、また、今持っている在留ビザが継続しているものとみなされます。

再入国許可には、1回限り有効のものと有効期間内であれば何回も使用できる数次有効のものの2種類があります。
有効期間は最長5年間特別永住者の方は6年間)です。

みなし再入国許可は、出発時に再入国出国記録(再入国EDカード)に一時的な出国であり、再入国する予定である旨のチェック欄にチェックし、入国審査官に提示、みなし再入国許可による出国を希望する旨を伝えなくてはいけません。

みなし再入国許可の有効期間は,出国の日から1年間,在留期限が出国の日から1年以内なら,指定の在留期限までとなります。
1年以上日本に帰国しない可能性(例えば、親族の看護)があれば、空港などでの「みなし再入国許可」申請ではなく、事前の「再入国許可」を取っておくことが必要です。